貸館のご案内

施設利用の流れ

申込みの受付

  1. はじめて申し込むときは、窓口で利用者登録をしてください。
  2. 利用の受付期間は次の表のとおりです。
    施設名 利用内容 受付期間
    つばきホール
    楽屋1・2
    催し物準備・本番 利用日の6か月前~30日前
    舞台練習 利用日の5か月前~30日前
    リハーサル室
    市民ギャラリー
    つばきホールと同時 利用日の6か月前~7日前
    単独 利用日の3か月前~7日前
    多目的ホール・特別会議室・会議室1~5 利用日の6か月前~7日前
  3. 受付時間は次の通りです。
    【窓口】午前8時30分から午後9時30分まで(先着順)
    【電話】午前9時から午後9時30分まで(先着順)
    • ※ただし、同時に複数の方が、同じ日にち、施設、利用区分の申し込みが重なった場合は抽選を行います。
  4. 利用申込の際に、具体的な催し物内容などについてお伺いしますので、内容の良くわかる方が窓口にお越しください。

利用時間および時間

  1. 利用時間は、午前9時から午後9時30分までです。
    午前・午後・夜間・全日の区分で利用料金が変わります。会場準備、お客様の入退場、会場片付けなどに要する時間もこの中で行っていただきますので、スケジュールを十分考慮した上で利用時間をお決めください。
  2. 同一施設の利用期間について
    引き続き5日以内(休館日を除く)です。ただし、リハーサル室は14日以内、市民ギャラリーは10日以内です。

利用料の納入および払い戻し

  1. 施設利用料は遅くとも、つばきホールは利用日の2か月前、その他の施設は利用日の1か月前までに直接窓口へお支払いください。
    また、附属設備利用料は利用日当日にお支払いください。
  2. 利用の取消し、変更をするときは、すみやかに手続きをしてください。
    取消し、変更により払い戻しできる額は次のとおりです。
    利用日前30日(つばきホール、楽屋1・2は前60日)までに手続きしたときは全額
    利用日前10日(つばきホール、楽屋1・2は前30日)までに手続きしたときは半額
    これ以後は払い戻しできません。

休館日

  1. 12月28日から翌年1月4日までです。
  2. その他、月に1回程度の休館日があります。

利用の制限

次の場合は利用の許可をいたしません。

  1. 公の秩序または善良な風俗を乱すおそれがあるとき
  2. 施設または附属設備を傷つけたり、壊したりするおそれがあるとき
  3. 管理上支障があるとき

利用許可の取消しなど

次の場合は利用の許可を取消し、または中止することがあります。

  1. 利用申請の内容に偽りがあったとき。
  2. 利用者が許可の条件に違反したとき。
  3. 利用者が使用の権利を他人に譲渡または転貸したとき。
  4. 災害その他の事後により施設などの利用ができなくなったとき。
  5. 公共の福祉その他やむを得ない理由があるとき。

特別設備などの設置

利用者は施設に特別な設備を設置したり、備付け以外の器具を利用したりするときは、事前に許可を受けてください。

管理責任

次の場合は利用の許可を取消し、または中止することがあります。

  1. 利用者は利用中の建物、設備、備品など責任を持って管理してください。なお、施設または附属設備などを傷つけたり、壊したりしたときは、弁済義務が生じます。
  2. 利用する施設内の秩序を維持するため、利用責任者を決めていただき、受付、駐車場などに必要な整理員を配置してください。
  3. つばきホール舞台以外の場所で火気の使用はできません。
  4. 危険物やペットを持ち込まないでください。
  5. 飲食は指定する場所で行ってください。

原状回復の義務

利用後は利用時間内にすみやかに設備・備品などを元に戻し、清掃ののち窓口までご連絡ください。

緊急時の避難

地震や火事などの災害時には、館内放送、または係員の誘導に従い避難をしてください。

ページトップへ